2017年3月14日火曜日

 「Kartell Cutlery Series」
カルテルのカトラリーシリーズです。
カルテルの初期の作品で非常に珍しくほとんど市場に出ません。
希少な訳ではありませんが、捨てられて残っていないのだと思います。
元々、カルテルはAlessi,Guzziniなどと同じくキッチン物や生活小物から
後発でスタートしています。
チープではありますが、なぜか色、艶、素材感など魅力があるので、手放せません。
そういえばダネーゼの桑野社長もここいらあたりのアイテムは市場に出ると
安いんだけど、探す労力は並大抵では無いので、売るに売れないと言っていました。
おっしゃる通りなんです、金額では無いので、非売品にどうしてもなってしまいます。
販売出来る物もごじますので、ご興味ある方はお問い合わせ下さい。








2017年3月1日水曜日

「Vintage Furniture Exhibition in Paris」
フランスのディーラーから送られて来た画像です。
良い物はみんなフランスに行ってしまいます。
ある所にはあるんですね~、これからどんどん値上がりするのでしょうね。
物も安く出なくなりました。









2017年2月1日水曜日

「DESIGN PRODUCT MANIA」
今でもバイブル的に保存している雑誌です。
当時はこのような雑誌が結構あって、その中でもこの号は内容が良いです。
でも、もう15年前なんですね。
自分の原点は青山のO-Partsです。
マーキュリーは敷居が高かったので、2,3回しか行けませんでした。
この雑誌にもエントランスが出ていますが、南青山の超一等地のモダンビルの3階にありました。
広さはそれ程ありませんでしたが、近未来的な空間にカルテルやパントンなどの家具が置いて
あり、当時衝撃を受けました。ほぼ毎日通っていました。
地下から2階まではマルシャンドレギュームと言うデザイン雑貨の店でした。
こういう店も今はほとんど見なくなりましたね。良い店でした。
ここにGUZZINIの営業で来ていたので、サボってオーパーツに通っていました(笑)
こういう時代はもう来ないと思いますが、次の方に継承して行きたいと思っております。







2017年1月16日月曜日


「Claudio Salocchi ZEA」
4連のZEAのハンギングです。
正直、どうやってセットするのか見てみたいです。多分1人で1個ガラスを支えないと吊れないと思います。
吊るより外す方が大変ですが。
このサイズだと相当な重量です。向こうは天井が高くコンクリなので、実現可能ですが、日本では難しいですね。
「Superstudio BAZZAR」
たまにこういう凄いのを知り合いのギャラリーで見る事が出来るので、感激です。触ったり座れますし。
誰か顧客で買う人居るかと聞かれましたが、笑うだけなのが、悔しいですけど。
後で聞いたら、一元さんがフラット来て、色々座ったり持ち上げたりしているので、
たまりかねて、注意したそうです、〈基本接客しません(笑)
そうしたら、「問題無い買うから」と値段も聞かずにサラッと言って購入したそうです。
中レベルのLEXUSが買えるぐらいでしょうか、売れる前に見れて良かったです。
お金持ちで判る人って居るんですね~その現場を見て見たかったです。

「Claudio Salocchi ZEA
Superstudio BAZZAR




2017年1月9日月曜日

「Lighning」
ライトニング2月号にお馴染みになりました丸山様がご紹介されました。
雑誌自体はアーリーアメリカンの雑誌なので、まったく趣向が違いますが、
物に拘る姿勢は同じなのでしょうか。飽食の時代ではありますが、
今の使い捨てのスタイルには、中々馴染めない年代です。




2016年12月28日水曜日

Gae Aulenti"RIMORCHIATORE"For Fontana Arte
イタリア語でタグボートの意味を持つSculpture lamp
オリジナルは1967年のデザインでCandle社よりメタル素材で発表されていましたが、
こちらは1993年にFontana Arte社より復刻されたレアなガラス・ヴァージョンです。
フラワーベース・アッシュトレーそしてランプのコンビネーション。
ブルー(パープル)とグリーンのガラスの怪しくも美しい光は非常に繊細で見とれてしまいます。
捜索の依頼をずっと出していたアイテムです、割れているのが多く、いつも断念していました。
今回デットでオファー来たのですが、かなり慎重に梱包しないとならないので、悩んだあげく、
木枠梱包で厳重にシッピングして無事到着しました。
当分、プライベートコレクションにしたい一品です。とにかく美しい照明です。











2016年12月7日水曜日

「Kartell Partition Units
カルテルの中でも極めてレアなパーテーション・ユニットです。
ほとんど市場には出ないので、ギャラリーなどでは高額取引されています。
現地でも過去に一回しか見た事がありません。
神殿の柱のイメージでしょうか。
資料によりますと照明パーツなどもあり、ユニーク・ピースです。
貴重な資料も載せましたので、ご参照下さい。
次回もカルテルのレア物をご紹介します。